こんにちは、ピアノ講師歴10年のゆかと申します。

現在37歳の独身です。

私は某音楽大学を卒業後、OLとして5年ほど事務の仕事をしておりました。

経済的な事情もあり、卒業後にあえて音楽の道には進まなかった私ですが、それでも「いつかピアノのお仕事をしたい!」とずっと思っていました。

その後、機会もあって、就職から5年経った27歳のときに、実家でピアノ教室を始めることができました。

もちろんアルバイトを掛け持ちしながらでしたが、念願だったピアノの仕事を始められたことでとても満足していました。

生徒さんが集まるかなという不安もありましたが、専門の会社にお願いしてホームページも作ったので、少しずつ生徒さんも増えていき、多い時で41名の生徒さんが通ってくれるようになりました。

ところがそれをピークに、徐々に教室を辞めていく生徒さんが相次ぎ、最終的に生徒さんはたったの3人になってしまったのです。

ピアノ教室の閉鎖(廃業)を考える日が多くなりました

教室に通ってくれる生徒さんが目に見えて減り始めてからは、「廃業」の2文字が頭をよぎるようになりました。

  • 「教室に通ってくれる生徒さんがたった3人なんて・・・」
  • 「ピアノ教室を開いていても意味がないのかな・・・」
  • 「もう教室を閉めようかな・・・」

そんなことを考える時間が多くなり、残ってくれた生徒さんのレッスンにも身が入らないこともありました。

今までレッスンに来てくれていた生徒さんから突然、「レッスンは今月限りでやめます」と言われるのは本当に辛いものです。

「生徒さんにも事情があるんだから…」と頭で分かってはいても、なかなか割り切れず、眠れない日も多くなりました。

このように一時期は教室を閉めることも考えた私でしたが、

ある“奇跡的な出会い”がきっかけとなり、わずか1年ほどで、生徒さんを3名から61名まで増やすことができました

以前の一番いいときの生徒数が41名でしたから、かなりの大幅アップです。しかも達成するのに掛かった時間はたったの1年。

先ほどの“奇跡的な出会い”をきっかけに、私は生徒さんを募集する方法を大きく変えました。

すると、まるで磁石に引き寄せられるように、自然と生徒さんが集まってくれるようになり、1年後には61名の生徒さんが教室に通ってくれるようになりました。

つい1年前まで、「もう教室を閉めよう」と何度も考えていたのが信じられないくらいです。

今、これを読んで頂いている方の多くは、多分、ピアノの講師の先生だと思います。

もしかしたら以前の私のように、何かの事情で、ピアノ教室をやめようかなと考えている方もいるかもしれません。

「教室を閉める」と言うのは簡単ですが、いざとなると色々な思いが重なって、なかなか踏み切れない、決心がつかないと悩まれているのではないでしょうか。

この記事は、1年前の私と同じ、今後のピアノ教室の経営について悩んでいる先生のために、私の経験が少しでも役に立てればと思い書いてみました。

ぜひ何かの参考にして頂けたら嬉しいです。

10年続けたピアノ教室を本当に閉めていいのか悩みました

冒頭でもお話したように、私は音大卒業後に、民間企業に就職して5年ほど働きました。

フリーの演奏家や大手楽器店のピアノ講師になることも考えましたが、奨学金の返済や一人暮らしをしなければならないことを考えると経済的に無理だと考えたからです。

音大から新卒で普通に就職するというのは、当時はけっこう珍しかったと思います。

それでもピアノの仕事をしたいという思いは捨てきれず、10年前に実家に帰ってピアノ教室を始めました。

開業したての頃は、当然生徒さんはゼロでしたが、開業と同時に作ったホームページの効果もあって少しずつ生徒さんも集まり、数年後には41名の生徒さんが通ってくれるようになりました。

個人経営のピアノ教室としては、それなりに成功できたと思っていたのですが、ある時から徐々に生徒さんが減り始め、ついには3名にまで減ってしまうことになります。

生徒がピアノ教室を辞めていくのは本当に辛いです

少し前まで小さかった生徒さんが、いつの間にか中学生になっていたり、合唱コンクールで伴奏者に選ばれたりするなど、教え子の成長を感じ取れるのは、ピアノの先生として本当に嬉しいです。

これまで一緒にレッスンを頑張ってくれた生徒さんはもちろん、教室に通わせてくれた保護者の方にも、本当に感謝の気持ちで一杯になります。

でも、実際はそこまで頑張って長くピアノを続けてくれる生徒さんって、本当に少ないですよね。

私の教室でも、大半の生徒さんが入って2~3年すると、

  • 「ピアノより部活に力を入れたいから」
  • 「受験で進学塾を優先したい」
  • 「家庭の経済的な都合でピアノ教室を辞めたい」

などの理由で教室を退会していきました。

また大人の生徒さんでも、ここまで弾ければいいという自分の目標を達成できた途端に退会する方、語学や資格などの試験勉強に集中したいからと辞めていく方もいました。

生徒さんの成長に伴って部活や受験など、ピアノよりも優先することができたり、それぞれの家庭の事情や経済的な理由があることは十分に理解しています。

だから生徒さんが教室を去っていくたび、『生徒さんにも色々と都合があるから』と言い聞かせるのですが、心はいつも傷ついていました。

生徒さんが教室を辞めていってしまうのは、本当に辛いですね。

ピアノ教室の収入だけでは生活が…

生徒さんが教室をやめていくのは精神的に辛いのですが、もう一つ大変だったのは経済的な問題です。

当たり前ですが、生徒さんが減り続けていたので、自分の収入もどんどん減っていく一方でした。

当時は、親もすでに定年を迎えており、経済的に頼ることもできなかったので1日のレッスンが終わった後に、夜中まで飲食店のアルバイトをして何とか生活費を稼いでいました。

「まずい…、このままだとピアノ教室をやっていけなくなってしまう!」

そう危機感を抱いた私は、レッスンとアルバイトの傍ら、新しい生徒さんを来てもらうために色々な集客方法を試しました。

YouTubeやFacebookでピアノ教室のアカウントを作って毎日投稿したり、アメブロで毎日記事を書いて、「生徒募集中!」と宣伝もしました。

他にも、小学生のお子さんを持つ保護者の方や、保育士志望の高校生や大学生に向けた、無料体験レッスンやピアノ教室の見学会の新聞折込チラシを入れたり、社会人の方向けに、「ソルフェージュ教室」を開講してレッスンの幅を増やすなどできる限りのことをやりました。

深夜1時に飲食店のアルバイトが終わって帰宅後、レッスンとアルバイトでクタクタになって眠い目をこすりながらブログを書いていたら、そのまま眠ってしまったこともあります。

このような生活を半年間ほど頑張って続けましたが、思うように生徒さんが集まることはありませんでした。

途中から私は、アルバイトの数を増やし、単発で入ってくる派遣の仕事もするようになりました。

こうなると、どちらが本業なのか分からなくなり、次第にピアノ教室を閉めようと考えるようになりました。

しかし好きで始めたピアノの仕事をやめる決心がなかなかつかず、気づけば3年がたち、生徒さんの数は3人にまで減ってしまっていました。

ピアノ教室の廃業は目前にまで迫っていたのです。

ここまで来てようやく私は、

  • 「今の状況をどうしても変えたい!」
  • 「このままでは、いけない・・・」
  • 「何とかしなきゃ・・・」

と思い立ち、ついに私はピアノ教室を立て直すため、行動を起こす決断をしました。

しかし、ただSNSやブログをやったり広告を打つだけでは意味がないと思った私は、経営の専門家に依頼しようと考えました。

そして知人の紹介で、ピアノ教室や音楽教室の経営コンサルタントをしている先生からコンサルティングを受けることにしました。

私が相談したコンサルタントの先生はこちらです

生徒数3名だった廃業寸前のピアノ教室が…

コンサルティングを受けてみてどうだったか?

先に結論から書いてしまうと、「頼んで本当に良かった!」と思えるような結果が出てくれました。

先ほどのコンサルタントの先生は、ZEROスタマーケティングの石津さんという方ですが、その石津さんからコンサルを受ける前、私の経営するピアノ教室は生徒数3名で廃業寸前。

まさに崖っぷちに立たされたピアノ教室でした。

そんな状態でコンサルティングが始まり、半年ほど経ったあたりから、ぽつりぽつりと生徒さんが集まってくるようになりました。

正直最初は、「まあ、偶然でしょ~」と思っていました。

ところが、あれよあれよという間に生徒さんが集まりだし、1年後には生徒数3名だった私の教室は、生徒数61名の人気教室になっていました。

ZEROスタの石津さんが教えてくれた集客・経営ノウハウを素直にやってみただけですが、実践するか、しないかでここまで結果が変わるとは想像していませんでした。

今では安定して、毎月7~10名ぐらいの生徒さんが入会してくれるピアノ教室に生まれ変わりました。

私一人では、生徒募集の仕方が分からず、ものすごく悩んでいましたが、プロの先生に教えて頂くことで新しい道が開けたように思えます。

実際に私が、石津さんから受けたコンサルティングの内容について、今からお話しますね。

ピアノ教室の「今後について」打合わせ

人生で初めて受けるコンサルティングは、「無料相談⇒3ヶ月のお試しコンサル⇒本格的なコンサル」という流れでスタートしました。

お試しコンサルは、3ヶ月のコンサルが3万円(つまり1ヶ月1万円)で受けられるコースのことです。

そのお試しコンサルでは、

  • ピアノ教室の今までの流れと現状
  • 魅力的なピアノ教室を作るために何を改善するか?
  • 私のピアノ教室の場所や地域性について
  • 私の今後の希望や目標について
  • 2年後・3年後、ピアノ教室をどうしていきたいか?

などを、コンサルタントの石津さんと話し合いながら、今後のピアノ教室経営のビジョンや経営改善と立て直しに必要なこと、コンサルの方向性・進め方を決めていきました。

私の将来の希望や目標、現状への不安や不満、ピアノ教室や音楽に対する想いなど、石津さんは、どんな話にもじっくり耳を傾けてくれ、今後の教室経営に対して前向きになることができました。

ピアノ教室を開業してから、教室経営の悩みを誰かに話す機会はなかなか無かったので、気持ちが楽になったし、自分の気持ちや考えを整理して、今後の教室経営について深く考えられたのが大きかったです。

コンサルを受けて1番変わったことは!?

ZEROスタマーケティングのコンサルを受けて、1番大きく変わったのは、毎月安定して生徒さんが集まる仕組みを作れたことです。

私の場合は、

  • 新規生徒を集めるための戦略の基本
  • 集客と売上アップに直結するホームページの作り方
  • 集客力を上げるためののSEO戦略
  • 今流行りのFacebook・YouTube・Twitter・Instagram・LINEを使わず生徒を集める方法
  • ホームページやブログを使って、問い合わせ・教室入会を生み出す方法

このような内容をZEROスタマーケティングで学び、インターネット上で生徒さんを集客する仕組みを作っていきました。

インターネット上に、ほぼ自動的に生徒さんを集める仕組みを作ったおかかげで、生徒数3名で廃業寸前だった私のピアノ教室は、約1年で生徒を61名にまで増やすことに成功しました。

ホームページやブログ作りが苦手な私でも大丈夫でした

インターネットを使って生徒を集める仕組みを作るには、ホームページやブログを作って更新していく作業がどうしても必要です。

ところが私は、ホームページやブログを更新していく作業が、正直言って苦手でした。

ZEROスタの石津さんからは、「やり方は教えますから、ご自分でやってみますか?スキルも身に付きますし、費用も抑えられますよ。」と提案も頂いたのですが、

多分ものすごく時間が掛かるだろうなと思ったので、別料金で仕組み作りを代行してもらうことにしました。

じつは「頼んだのはいいけど、けっこうなお値段だったらどうしよう…」という不安もありましたが、【基本料金+成果報酬】という形だったので、最初にかかる費用は基本料金だけ。

なので想像よりも安い値段でインターネット集客の仕組みを作ってもらうことができました。

インターネット集客の仕組みを作るには手間と時間が掛かります。

私は早く結果を出したかったので、できる限りシンプルにしてもらったのですが、

それでも集客用のホームページとブログを作成して、SEO対策をして、さらに生徒さんや保護者の方に興味をもってもらえるように、コンテンツ(文章や写真・動画など)も作り込まなければなりません。

その上、ホームページとブログのコンテンツは、定期的に更新していく必要があります。

最初に石津さんから一通り説明を受けたときは、「ちょっと待って!こんなの私には無理!」と思いましたが、ZEROスタさんに代行してもらったのでストレスを感じることもありませんでしたし、

ホームページやブログを作るのに必要な情報や写真をスタッフさんに渡して、出来上がるのを待つだけで済んだのでとても助かりました。

インターネットで新規の生徒さんを集める仕組みを作った結果…

インターネットで生徒を集客していく仕組みを作った結果・・・、

何年待っても全然集まらなかった生徒さんが、私のピアノ教室に集まるようになりました!

集客の仕組みができて最初の3か月は、何も反応がなかったので焦りましたが、しばらくすると、ポツリポツリと教室入会や無料体験レッスンの問い合わせが、ホームページから入ってくるようになりました!

一度反応が出始めると、お問い合わせの数は順調に増えていき、多いときは一ヶ月で30件もお問い合わせを頂いたこともあります。

以前はお問い合わせすらなかった私の教室は、今では毎月7~10人の新しい生徒さんが教室に集まる、地域でも注目のピアノ教室に変わりました。

今は外部のピアノ講師の先生にも手伝いに来てもらうようになり、たくさんの生徒さんに囲まれて、毎日が充実しています。

それと収入面も大きく変わりました。

ピアノ教室の収入だけで十分食べていけるようになったので、心配をかけていた両親を安心させることができましたし、飲食店のアルバイトや派遣の仕事を、スッキリと辞めることができたのが本当に嬉しいです。

たった1年で私の人生は大きく変わりました!

ZEROスタマーケティングの石津さんからコンサルティングを受け始めてから、私の教室は生徒数60名を超える大型教室になり、満室御礼となりました。

さらに入会をお待ち頂いている生徒さんも、何名かいらっしゃいます。

コンサルを受け始めてまだ1年ですが、廃業間近だった私のピアノ教室は大きく変わり、私自身も大きく成長できたと思います。

ZEROスタマーケティングの石津さんのコンサルを受け、自分では思いつかない発想、気づき、ビジネス視点など、たくさんのことを教えてもらいました。

時には生徒さんや保護者の方への対応の仕方や話し方まで・・・。

そういったアドバイスを少しずつ取り入れていった結果、短期間でピアノ教室の「質」は格段に向上しました。

  • 生徒さんがいきいきとした笑顔でレッスンに来てくれるようになりました。
  • 生徒さんや保護者の方から、感謝の言葉やお手紙を頂けることが多くなりました。
  • 生徒さんの成長を日々感じられ、毎日のレッスンがとても楽しく充実しています。

大好きな音楽とピアノで仕事ができる毎日が楽しく幸せです。

ZEROスタマーケティングのコンサルを受けて本当に良かったです。

最後に…

最後まで読んでくださりありがとうございます。

1年前まで廃業寸前だった私のピアノ教室は、1年でここまで変わりました。

未来は自分次第でいくらでも変えることができます。

ちょっとしたことを知るか知らないか、勇気を持って一歩踏み出すかそうでないかで、1年後、2年後の未来は確実に変わってくると思います。

逆に何もしなければ、当然未来が変わることはありません。

「このままだと、自宅教室が廃業するかも・・・」

そんな不安を抱えているピアノ講師の先生は、私のように経営コンサルタントの先生にアドバイスをもらいながら、教室経営を良い方向へと変えていくのも1つの手だと思います。

このまま何も変わらない未来を選ぶよりも、1年後、2年後、3年後の未来を、『多幸に溢れる素敵な素敵な未来』へと変えていきましょう。

私は今回、こちらの記事を書いたZEROスタマーケティングさんにコンサルティングして頂きました。

またZEROスタさんでは、電話による『無料相談』も行っているので、まずは『無料相談』で気軽に相談してみるといいかもしれません(※私も無料相談からのスタートでした!)。

今、どんな暗闇の中にいても、決して簡単に諦めたり、希望を捨ててはいけません。

少しの勇気を持って前に進めば必ず、あなたの前にも一筋の光が差すはずです。

その光こそが、素晴らしい未来の幕開けなのです。

素晴らしい未来は、すぐそこまで来ています。

明るい未来へと繋がっていく最初の一歩を、一緒に踏み出しましょう。